FAQ(よくあるご質問)

回転速度計・カウンタ

DT-5TXシリーズを使用しています。初めて電源を投入したが表示が点灯しません。「0」も表示されません。
まず、本体に発煙、発熱、異臭などが無いか確認します。有れば、すぐに電源を切ってください。

<チェック1>
 電源電圧をチェックしてください(端子台1と2の間。DC仕様の場合は1番が+側です。)その際、感電にはご注意ください。AC仕様は85~264V、DC仕様は9~35Vです。電源が来ていないようでしたら、電源をONにしてください。電源が来ているのに表示が点灯しない場合は、<チェック2>に進んでください。

<チェック2>
 センサーの配線をチェックしてください。電源をOFFにしてから、電源以外の配線を外します。配線が外し終えたら、電源をONにします。表示器に「0」が点灯すればセンサーの配線にトラブルが考えられます。何も点かない場合は、本体の故障の可能性があります。

DT-5TXシリーズを使用しています。初めて電源を投入したが「0」しか表示されません。
まず、SIGランプをチェックしてください。SIGランプの状態により、次の対応を行ってください。

<チェック1>SIGランプが明るく点灯したままの状態
 信号が入力されていない可能性が有ります。通電したまま(感電注意)信号線を外し、その線を端子台に付けたり離したりしてSIGランプと表示が出るかを確認します。

<チェック2>SIGランプが点灯しない。
 入力が入っていません。信号の配線をチェックしてください。その他に考えられる事は、1.センサーの設置不良 2.センサーの破損、3.接続間違い、が挙げられます。

<チェック3>SIGランプがちょっと暗めで点灯している、または点滅している状態
 入力信号に対してパラメータが間違っている可能性が有ります。パラメータ3を大きく、パラメータ5を長くして調整してみてください。

DT-5TXシリーズを使用しています。今まで正常に動作していたが、突然、表示が点灯しなくなりました。「0」も表示されません。
まず、本体に発煙、発熱、異臭などが無いか確認します。有れば、すぐに電源を切ってください。

<チェック1>
 電源電圧をチェックしてください(端子台1と2の間。DC仕様の場合は1番が+側です。)その際、感電にはご注意ください。AC仕様は85~264V、DC仕様は9~35Vです。電源が来ていないようでしたら、電源をONにしてください。電源が来ているのに表示が点灯しない場合は、<チェック2>に進んでください。

<チェック2>
 センサーの配線をチェックしてください。電源をOFFにしてから、電源以外の配線を外します。配線が外し終えたら、電源をONにします。表示器に「0」が点灯すればセンサーの配線にトラブルが考えられます。何も点かない場合は、本体の故障の可能性があります。

DT-5TXシリーズを使用しています。今まで正常に動作していましたが、突然、表示が「0」しか表示されません。
まず、SIGランプをチェックしてください。SIGランプの状態により、次の対応を行ってください。

<チェック1>SIGランプが明るく点灯したままの状態
 信号が入力されていない可能性が有ります。通電したまま(感電注意)信号線を外し、その線を端子台に付けたり離したりしてSIGランプと表示が出るかを確認します。

<チェック2>SIGランプが点灯しない。
 入力が入っていません。信号の配線をチェックしてください。その他に考えられる事は、㈰センサーの設置不良㈪センサーの破損、㈫接続間違い、が挙げられます。

<チェック3>SIGランプがちょっと暗めで点灯している、または点滅している状態

 入力信号は入っているがカウントしません。本体が故障している可能性が有ります。本体が故障しているかどうかは、次の方法で確認してください。
  1.元のパラメータは記録しておいてください。
  2.信号線の配線を外します。
  3.モード1でパラメータを初期値に戻します。
  4.後ろの端子台6-9を電線で付けたり、離したりして信号を入れます。
問題なければ、本体の故障の可能性は低くなり、他の原因が考えられます。

インバータに接続して回転速度を表示したいのですがどうすれば良いでしょうか?
インバータからモニター信号が出ている事が必要です。モニター信号がアナログ信号の場合は、DT-5TVを使用します。モニター信号がパルス出力の場合は、DT-5TS、DT-5TXを使用します。

<パルス信号で、DT-5TSを使用して表示させる例>
「インバータからモータへの出力が60Hz1、モニター出力に1440Hzが出ている時、表示を1800としたい。」
手順1:パラメータ1を60にします。(周波数換算の値で、電源の50/60とは関係有りません)
手順2:パラメータ2を1440にします。(入力周波数を入れます。)
手順3:パラメータ3を1800にします。(表示したい値を入れます)
手順4:パラメータ4を1にします。
手順5:パラメータ5を6にします。
手順6:パラメータ6を10します。以上で完了です。

表示がばらつくのですがどうすれば良いのでしょうか?
表示がばらつくのには色々な原因が考えられます。原因としては次のような事が考えられます。
原因1:実際に回転がばらついている。歯車やチエンの角速度により回転ムラが発生している場合は、表示もばらつきます。
原因2:検出物体の間隔が等分でない、またはパルス間隔が一定ではないのでばらつきます。
原因3:軸の回転トルクが一定でない。機械的に回転むらが発生します。
原因4:ノイズが入っている。外乱ノイズが入っている為大きく表示が変化します。

低速はどこまで測れますか?また、高速はどこまで測れますか?
計算上1p/rで0.4rpm、600p/rで0.00066rpmまで測定できます(5TS、5TXの場合)。これは、オートゼロ時間によって決定されます。実際には実用になるかがポイントになります。例えば、上記の例では2分30秒間表示が止まっています。1p/rでオートゼロを1秒に設定したら、最小計測回転数は60rpmになります。最高回転数は、センサーの性能と入力応答に依存します。例えば、60p/rののエンコーダを電圧パルス入力に接続した場合は、応答周波数が30kHzですので、30,000rpmまで測れる事になりますが、エンコーダの最高回転数が5,000rpmですので、最高回転数は5,000となります。

表示しないのですがどうしてですか。
何が表示しないのかを確認してお問い合わせ下さい。例えば、「何も点灯しない。0しか表示しない。」「初めて通電。今まで動作していた。」「センサーを外して変化した。変化無し。」「端子電圧は85V以上有る。無い。」

現在使用しているセンサーはそのまま使用したいのですが使えますか?
5TS、5TXは多くのセンサーを接続できるようになっていますが、中には接続できない物も有ります。センサーの出力仕様と5TS、5TXの入力仕様を確認して下さい。